教育系のアルバイト 家庭教師と塾講師

静岡で福祉系の大学を専攻した私は、大学生時代に家庭教師を皮切りに塾のアルバイトを行いました。

 

f:id:kateikyoushilife:20160613163035j:plain

家庭教師のアルバイトを選んだ理由は、児童福祉に興味があったので子どもと接する仕事をしたいという理由からでした。
もちろん、時給の良さというのも選んだ理由の一つです。
大学4年になると実習へ行く必要があったので、その前に子どもとの関わり方を学ぶことができたらという気持ちもありました。

アルバイトをしていた場所のすぐ近くが、塾だったということもあり、家庭教師のアルバイトと塾のアルバイトを並行して行うことが出来ました。

結局大学生活4年間、ずっと家庭教師や塾など、子どもに勉強を教えるアルバイトを楽しく続けることができ、辞める時はとても辛く悲しい気持ちになりました。

大学を卒業して、最初は福祉系の仕事に就いたのですが、ほどなくして英会話講師としての職を得ることができ、働いたという経験もあります。

集団塾ではレベルの差を考慮するのがポイント


集団塾と個別指導塾の仕事の大きな違いは、授業展開です。
集団の場合、全ての生徒に興味のある授業計画を立て教える必要がありますが、個別であれば、個人に合わせた授業を行うことが出来ます。
集団塾はレベル分けがしっかりされているものの、多少なりとも得意不得意や理解力の差というものがあります。
その辺りをしっかり見極めないと、授業をつまらないと感じる生徒が増えるので注意をしなければいけません。

また、声の大きさという点に関しても集団塾と個別指導塾では違いがあります。
個別指導の場合は、家庭教師同様それほど大きな声を張り上げて授業を行う必要はありませんが、集団塾の場合は、子どもたちの気をひきつけるためにも、抑揚をつけて話す必要があります。

個別指導塾では効率的に複数の生徒を教えられる

私の場合、個別指導塾と言っても一対一で授業を行うタイプではなく、仕切りのあるスペースで一度につき2~3人程度の生徒の間を行ったり来たりしながら授業を進めていくというものでした。
私が他の児童の所へ行っている間は問題を解いてもらう時間にあてるというわけです。

また、授業の後で他の講師やアルバイトと雑談が出来るという点も楽しかったです。
悩みがあった時にもすぐに相談できる環境にあるというのが個別集団塾の良さだと思います。

家庭教師は、一対一でじっくり関われるというメリットがありますが、通勤に時間がかかる場合があるというデメリットがあります。

家庭教師先をハシゴする場合も、移動時間を考慮にいれる必要がありますが、個別指導塾であれば、みっちり授業を入れることができるため、効率的に収入を得ることができます。

自分の自由に教えられるのが家庭教師のメリット

 一対一でじっくり向き合って指導したいという方は、家庭教師のバイトが向いているのではないでしょうか。

保護者の方と毎回顔を合わせる必要があるため、密に連絡を取れるという点もメリットと言えます。
生徒だけではなく、家族の協力も欲しいという熱血型の人には適しているでしょう。
親とのかかわりも多いので、大人し目のタイプよりも社交的な方がストレスを感じることなく保護者の方と関われると思います。

 

また、<strong>家庭教師の派遣先にもよりますが、自分の好きなように授業を進めさせてくれることが多い</strong>のも家庭教師の特徴だと思います。

 

授業計画を立てたることが好きだという方や縛られたくないという方、自分に自信がある方は家庭教師が向いていると言えるでしょう。

 

アルバイトを紹介してもらった静岡の家庭教師会社は、プロ家庭教師が非常に多かったため、そういったサポートも非常にしてもらった記憶があります。

 

家庭教師の募集要項は細かく見るようにして、自分に合った会社でやるようにしましょう。

 

塾のバイトが向いている人とは?

 

個別指導塾と集団塾では異なりますが、特に集団塾の場合は、授業を楽しく展開させる自信のある人が良いでしょう。

雑学や生徒が興味を持ちそうなネタを授業内にポツポツと入れながら授業を進めていくと、生徒は興味を持って授業に集中してくれます。

塾に通いたくないのに親に無理やり通わされているという生徒も大勢います。
そのような子達を叱咤激励しなければいけません。
声が小さいよりも大きい方が授業に耳を傾けてくれることが多いので、声の大きさというのも集団塾で教える場合は重要です。

ただし、個別指導塾であれば家庭教師とはそれほど変わらない指導方法ですので、声の大きさに関しては気にする必要はないと思います。

交通手段がないという方も、家庭教師ですと派遣先が限定されてしまいますが、塾であればそんな心配をすることもないでしょう。

中学受験体験記

中学受験は約30年前。

今ほど中学受験が一般的ではありませんでしたが、地元の学校がとても荒れていたので

中学受験だったので志望校選択基準はほぼ塾のオススメ、および親の意向です。

自分自身は学校公開などに行った記憶もないです。
制服などにもあまりこだわりが無かったですし。
今考えると校風などに共通性はありません(笑)。

千葉県に住んでいたので通いやすい場所というのを結構重要視していました。
自宅から1時間程度で通える範囲内、できれば乗り換えなしという立地の学校です。

成績が良かったので2月1日、2日、3日それぞれの試験日で最上位の学校を受けて、滑り止めとして1月中に千葉県内の中堅の女子校を1校受験しました。

結果として滑り止め以外には一校しか受からなかったので、合格実績を挙げたい塾の思惑にのせられた感じもします。

個別指導塾が合わなかった

最初個別指導の塾に通っていたのですが、マンツーマンに緊張してしまうタイプで、途中でクラス指導形式の大手塾に変わりました。
そちらの塾へは電車で行かなければならなかったで、結構時間に追われていたな~という感じがします。

続きを読む

塾アルバイト講師の受験体験記

私自身の受験自体は、家庭教師の先生に教えてもらっていました。

目標にした大学を受かることができたのはやはり先生との相性かもしれません。

[静岡 家庭教師インタビュー]先生との相性と受験情報への詳しさ

 

レベルはMARCHランクの大学を志望しました。

一番の理由は、興味のある学問(アメリカ文学)が存分に学べる環境であったからです。

高校在学時に読んだ本の筆者が教授としてゼミを持っていたり、その他にもアメリカ文学を専門とする教授がたくさん在籍していたり、専門書がたくさん所蔵されていました。

また、外国からの留学生との関わりや、留学制度を利用することによって生の情報に触れることができるのではないかと考えたからです。
もう一つの理由はネームバリューがあるということです。

人付き合いや仕事付き合い、就職活動の際に、ネームバリューのある大学に通っているということで優遇されることが多いという話を聞いていたためです。

特に就職活動には学力での脚切りがあるということをニュースで見聞きしていたため、強く意識しました。

中学ドリルから復習

英語が苦手だったのですが、英語の成績を特に重視する受験形態であったため苦労しました。
英語を攻略するため、まずはじめに受験する大学の過去問を研究しました。

続きを読む

高校生活にあこがれて受験

中学生活は同じ学校に気のあう友達がおらず、イジメや不登校生徒が多い学校で自分がイジメにあわないように(あいましたが)日々周りにあわせて怯えながらの生活だった気がします。


高校進学で新しい出会いに期待する中学時代を過ごすも、高校一年生の時に両親が離婚。

母親の姓を名乗ることになり父は母のストーカーになり泥沼状態。
高校が私立校だった為母は学費が支払えず、結局中退してしまいました。

 

自分の学力にあっていたし、茨城内では野球が有名な高校でしたので、夏は友達がと野球応援に行きたいなとかチアリーダーも素敵だなと憧れて受験を考えました。


受験するときにはすでに夫婦関係は破綻していたので離婚目前でしたが、母についていっても父についていっても私は二人の子供でお金に困るような事は無いだろうと、むしろそんなことが頭によぎることなく、常総学院に行きたいと両親に相談して賛成してもらえたので私立校で公立より学費が高いのは分かっていましたが進学させてもらえるんだと、常総学院への受験を決めました。


またいとこもおなじ学校だったので高校生活の楽しさがリアルだったため、中学生活が苦しかったぶん高校での学校生活費に希望をもちました。

続きを読む

大学進学を見据えて高校選びを

大学進学は両親の希望もあり絶対だったので、高校受験で大学の付属の高校ばかり受験をしその中の1校に進学しました。

高校時代は大学への内部テストはありましたが、一般の大学入試のようなものではなかった為に非常にのびのびと過ごしてきました。


大学付属の高校を受験

全て大学の付属の高校を受験しています。

私自身とても楽天的でのんびりとした性格だったために、大学入試まで色々な意味でモチベーションが持たないだろうと心配した両親が大学の付属の高校に進学する事が性格的にも向いていると強く勧めてくれた事から志望校を絞っていきました。

その中でも本命として考えていたのは共学の学校でした。
女子高、女子大と進む事に私自身が抵抗があったために滑り止め以外はすべて共学の高校を選んでいます。

また、実際に文化祭などに足を運び生徒たちの生き生きとした表情を見て絞っていきました。
また両親(特に父)からは、大学卒業後の就職先や就職率なども調べるようにとのアドバイスもあり、簡単ではありましたがその辺も調べて考慮しました。

続きを読む